魔女屋

自然界と人との間に立ち、心地よく楽しく踊りまくる魔女の遊び場ご覧あれ!

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

快便Happy

妊婦になってから余計にブログが遠のいた、、、、
やっぱり妊婦は無理してやっていたことは出来なくなるんだなぁ
でも、今、久々に書きたくなったので書いてみる。

今朝、とてもお通じが良くてすごくHappyになったの
あーーーー私は食べることより出すことに重点を置いていて
うまく出せると幸せなんだ!!と気づいた
こんな風に無意識な自分の気持ちを意識できることも
私とってすごく幸せなこと。
それだけで1日ウキウキ過ごせるくらいに🎵

それから、ここのところの妊婦ライフを振り返ってみたりするとより明確。
呼吸も思考も今まで捨てたくて捨てられずに抱えているココロの癖も
全部手放す方向になっている。

時にそれが表面化して悲しくて涙になってでたり、腰痛としてでたりする。
妊娠中は色んなことに気づきやすい。しかも、奥深くに閉じ込めていたような
普段は避けたいところを見ざるをえない感じになる。

ありがたいよベイビー
出産がデトックスとかっていう話しがあるけど
それってこういうことかと思った。


あ、そうそう
妊婦7ヶ月でマタニティーブリージングのワークに参加した時にも
やはり、出産には吐く息が大事だと言われた。
私は元来吸う息派なんだけど、やっぱここ数年本当は吐きたい!
と、願っていた。

出産まであと2ヶ月
吐いて吐いてシコリを手放すぞ〜
そして、出産当日に最高の気分で我が子を産みたい!


ーーーーーー呼吸について興味のあるかたーーーー

以下、前田さんの
ブリージング&リバーシング専門サイトより一部抜粋
http://www.eeiki.net


すう息は「受け入れる」「受け取る」という意志や積極性とかかわっています。
吐く息は「手放す」「与える」という放棄や委ねる質とかかわっています。

酸素を取り入れすぎるということはその時の意識が吸う息に比重を置いているからで
「受け入れねばならない」「受け取るべきだ」「取りこめ」との強迫観念にも似た意識が働いている可能性がある
と言えるわけです。
ではどうして、吐く息は吸う息と同等の深さ早さにならないのでしょう。
この呼吸のアンバランスさを説明するためには過呼吸になった人がもともと吐く息を制限している可能性について考えてみなければなりません。
つまり、「うまく手放せない」「手放しがたい」「手放すわけにはいかない」という観念が働いていないかどうかについて考えてみる必要があるのです。


逆に吐き出さずには居られない呼吸の意味を考えてみると、「これ以上は受け入れがたい」と、
吸う息を制限し、「手放さずにはいられない」「一気に手放してしまえ」「これ以上は抱えきれない」と、
吐く息を大量に押し出すいう本人にとって危機的状況が差し迫っていることがわかってきます。

実はこの現象はかつて封じこめてきた感情が出口や終焉を求めて暴走し始めたとも言えるでしょう。
感情を「手放す」こと「表わすこと」に罪悪感を持っている人達は、日常では 吐く息を制限することで自分自身を表わすまい、手放すまいとしてしまいます。
これが限界に達してこれ以上は留めてはおけない感情がある場合、呼吸のほうから先に体内に溜まってしまった炭酸ガスを手放すことで、感情とともにエネルギーを解放しようとするわけです。
スポンサーサイト

| 魔女日記 | 08:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

妊婦ライフ

【縮小】りこアップ


ブログでの報告がおくれました!

実は、妊娠6カ月になりました

ただいま妊婦魔女を満喫中でゴザイマス


この幸せな感じ

頭がゆっくり、まったり 使い物にならない感じ(笑)


妊婦としての生活は

みんな身体が教えてくれるんだねー


一番笑うのは

口ずさむ歌が、子供ソングになってる

自分が子供のころに良く歌っていた歌なのかなぁ

ご飯を作りながら、アンパンマンが流れ出したりするの。


とにかく幸せな時間が流れる

来年は、今までと全く違う世界がスタートする

わくわく


| 魔女日記 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『魔女の講座』イベントレポート@三菱地所レジデンスラウンジ

私に務まるのか⁈ と思うほどの光栄なお仕事をいただきました

普段とは違った雰囲気の、新しいジャンルの方々へ
魔女のお話しをする事ができました。
緊張したけれど、スッキリと気持ちが良かった。

薬草のある暮らしへー
みなさまの中に、種が蒔けたら良いと願いながら、、、


6月27日 『魔女の講座』レポート@三菱地所レジデンスラウンジ

| 魔女日記 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

食べ物 消化 吸収

酵素についてしらべると
『細胞に含まれる特殊なたんぱく質』とある。

色々気になって考えるうちに
食べ物ってなんだろう??って事になった

*****************************************************
『食べ物とはエネルギー源というよりはむしろ情報源なのである』

食べ物として摂取したタンパク質が、身体のどこかに届けられ
そこで不足するタンパク質を補う、という考え方はあまりに素人的な生命観である。
それは生物をミクロな部分からなるプラモデルのように捉える
ある意味でナイーブすぎる機械論でもある。
生命はそのような単純な機械論をはるかに超えた
いわば動的な効果として存在しているのである。
これと同じ構造の『健康幻想』は、実はいたるところにある。
タンパク質に限らず、食べ物が保持していた情報は
消化管内でいったん完虜なきまでに解体されてしまう。
関節が痛いからといって、軟骨の構成材であるコンドロイチン硫酸や
ヒウロン酸を摂っても、口から入ったものが、そのままダイレクトに
身体の一部に取って代わることはありえない。
構成単位までに分解されるか、ヘタすれば消化されることもなく
排泄されてしまうのである。
ついでに言うと『コラーゲン配合』の化粧品まで氾濫しているが
コラーゲンが皮膚から吸収されることはありえない。
分子生物学者の私としては『コラーゲン配合』と言われても
『だから、どうしたの?』としか応えようがない。

私たちがこのような健康幻想に取り憑かれるの原因は何だろうか?
そこには、『身体の調子が悪いのは何か重要な栄養素が不足しているせいだ』
という、不足・欠乏に対する脅迫観念があるように思える
そして、その背景には生命をミクロな部分が組み合わさった
機械仕掛けと捉える発想が抜き差しがたく私たちの生命観を支配していることが見て取れる
健康を強迫観念から解放し等身大のライフ・スタイルとして取り戻すためには
私たちの思考を水路づけしてきた生命観と自然観のパラダイム・シフトが必要なのである。


**** 分子生物学者 福岡伸一 『動的平衡』より抜粋 ****


この福岡伸一さんの『動的平衡』は、望診法を教えてくれた
山村慎一郎先生のオススメ本です。

『食で身体を整える』ことを山村先生から教わった訳ですが
うーーーーん!!!
食は深い
おもしろいぞ。




| 魔女日記 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イメージ

イメージが大事


高校生の時、吹奏楽部の管楽器の人が
『歌えない曲は吹けない』そう言っていた
ヴァイオリンも練習する前にCDを聞いてその曲を歌えるようにすると
弾けるようになるのに時間も苦労も短縮される
曲のイメージ、音のイメージができるかどうかで結果は大きく変わる
普通に考えても知っている曲は上達が早いのは用意に想像がつく
それと同じこと
その曲が好きならなおさら上達は早い
一個一個の音符ではなくて曲のイメージ、流れ、リズム、クライマックス



自分のイメージと、的確な方向性があれば
あとは好きな方法で表現すればいい

イメージできることが叶うことを知っている
裏付けのない自信が私に一歩を踏み出させる

魔女の仕事も、パートナーとの生活も
この世の中のことも、地球のことも
まずはイメージすることから始める

心配をイメージすれば
心配にまみれた自分が現実となる

イメージは自由だから
どんな風にも
どこまでだって創造していい

あぁ、またワクワクしてきた




| 魔女日記 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。